腸内環境正常化 プロバイオティクスとは

MENU

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスという言葉を耳にしたことがないという人もいるかも知れませんが、最近ではヨーグルトの中にも含まれていることがありますよね。

 

プロバイオティクスとは、簡単に言ってしまいますと体に良い働きをしてくれる善玉菌のことを言います。

 

お腹の健康を守るだけではなく、体が持っている本来のちからを強くする作用もあります。生きたまま腸までたどりつき、副作用もなく安全で健康に必要な細菌だと言われています。

 

ただし、全てのプロバイオティクスが生きたまま腸まで届くわけではなく、中には胃酸に弱いものや胆汁酸に弱いものもありますので、プロバイオティクスが持っている力を十分に発揮させるには出来るだけ生きたまま腸に届くものを選ぶと良いかと思います。

 

とは言っても、どんな商品にプロバイオティクスが含まれているのかよくわからないですよね。

 

そんな時には目安として、特定保健用食品の表示がされている乳酸菌製品やビフィズス菌が入った製品でしたら効果が証明されている菌株が使われていますので、そういったものを選ぶと良いそうです。