腸内環境正常化ドットコム

MENU

腸内環境正常化で便秘を治したいなら

腸内環境正常化で便秘を治したいならこちらの情報を参考にしてみてはいかがでしょう。美しい人は腸内環境が整っている。そんなイメージがありませんか?最近、肌荒れがひどい、便秘ぎみなどのお悩みはないでしょうか。この原因、腸内環境が正常化できていない可能性から来ているかもしれません。腸内環境を整えることが美肌美人、そして便秘を治すための近道です。

 

腸内には100種類以上の細菌が住んでいますが、それらは大別すると、3種類に分けることができます。
腸内の3種類の細菌とは、

  1. 善玉菌
  2. 悪玉菌
  3. 日和見菌

の3つです。それぞれの特徴を見ていきましょう。

善玉菌

善玉菌が多い状態を腸内環境が整っているといいます。善玉菌が多いと、しなやかに腸が動いて便秘と下痢を予防してくれます。更に有害物質を体内から排出してくれて、体の免疫力を高めてくれる効果があります。

悪玉菌

逆に悪玉菌が多いと、腸の動きが鈍くなり便秘や下痢を起こしたり、アンモニアなどの有害物質を作り出し臭いイおならや便が出ます。さらに有害物質が血液とともに全身をめぐる為に、肌荒れや頭痛などの不調や口臭や体臭の原因になります。恐ろしい事に悪玉菌が多い状況が長く続くと、大腸がんや動脈硬化を引き起こすのです。

 

女性は特に悪玉菌が多くなると日常生活で過ごしにくくなる事が多いですよね。善玉菌は女性の味方であり、悪玉菌は女性の敵であると覚えておきましょう。

食べ物による腸内環境の正常化

便秘で苦しんでいる人で、慢性的に便秘の人は生活習慣や食べ物が一因になってる可能性が高くなります。特に食べ物は毎日のことですし、気を付けるポイントが分かっていれば体質改善に繋がります。

腸内環境と食物繊維

便秘に効果があると昔から言われているのが食物繊維です。食物繊維の豊富な食べ物を把握し、常に摂取するように心掛けることが効果的です。

 

いつも外食ばかりの人でも、どんな食品に食物繊維が多いのか知っていれば、多少は気を付けることができるはずです。

食物繊維が豊富な食べ物

食物繊維が豊富な食べ物として
果物なら

  • バナナ
  • リンゴ
  • キウイ

など
野菜なら

  • ゴボウ
  • ニンジン
  • キャベツ

などが代表的です。

 

朝バナナを一本食べる習慣をつけるとか、ゴボウやニンジンを使ったメニューを積極的に選ぶなど、出来ることを実践してみてはどうでしょう。

腸内環境と乳酸菌の効果

腸内環境を改善方法として、乳酸菌も効果があるといわれています。食後のデザートとしてヨーグルトを食べる習慣をつけるのも効果的です。

 

食べ物で便秘がちな体質を変えていくには長期的に続けることが必要です。即効性がある訳ではないので、普段から気を付けて日常的に続けていくことが大事です。